RECIPE

料理教室で実際につくっていただいたメニューのレシピをご紹介します。
少々企業秘密もふくまれていますので、メルマガに登録いただいた方にパスワードをご連絡いたしまして、ページをごらんいただけるようにしています。
※ぜひメルマガにご登録ください。こちらから登録をお願いします(クリックしてください)
ご自宅でつくっていただき、その美味しさを楽しんでいただきたいと思います。わからないことがありましたら、ぜひお店でも質問してください!

■魚介類のトマト煮込み
■アスパラガスのミラネーゼ

■魚介類のトマト煮込み  Stracotto

画像の説明

レシピはこちらから
・初夏をイメージしてレシピをつくりました。20分ほどでできる手軽なお料理です。
・魚介類の味がトマトにしみこみ、夏場でも楽しめるやさしい一品です。

プロのこだわりポイント
・最初にお魚、野菜に焼き色をつけますが、焼きすぎないようにしましょう。素材が焼きすぎで固くなるとおいしさが半減します。
・トマトで煮込む際は、水をたしながらシャバシャバになる状態をキープしましょう。最後の乳化によってしっかりとソースのとろみをつけます。

レシピはこちらから

■アスパラガスのミラネーゼ  Milanese

画像の説明

レシピはこちらから
・焦がしバターソースとチーズ、タマゴの黄金色をベースにパセリの緑、黒コショウ、セミドライトマトの赤が、見ためのぜいたくさを感じさせ、おもてなしに最適の一品です。
・半熟タマゴとチーズの濃厚さ、アスパラガスのしゃきっとした野菜のうまさ、セミドライトマトの酸味と甘みとがとけあい、豊かな味わいになります。
・10分ほどでできあがる手軽なお料理ですが、そのおいしさは格別。ぜひともレパートリーにくわえてください。
・このレシピでは、ソースにある隠し材料をつかっています。ソースの味を上品に、安定させる材料です。ぜひレシピをごらんください。

プロのこだわりポイント
・このソースはお野菜(じゃがいも、玉ねぎ、アボカドなど)やお肉にもあいます。お店でもランチでご提供しています。ぜひご自宅でもトライしてください。
・「ミラネーゼ」とはミラノ風という意味です。ミラノはイタリアの中でも金融の中心地で、その「金」のイメージから黄金色のお料理をミラネーゼと呼ぶようになったとの説もあります。

レシピはこちらから